コストパフォーマンスのよい火災保険を知りたい!

コストパフォーマンスのよい火災保険を知りたい!

掛け捨てのケースが多いから保険料を抑えたい!

火災保険を掛けることは、そこに住むためには必須の事ですよね。ただ、問題となるのは保険料金です。もちろん、補償額によって保険料金は変わってきますけれども、掛け捨ての保険も多いので、補償額と保険料金との関係をよく考えあわせて選ぶことが大事でしょう。ただ保険料金が安ければいいかという問題でもないようです。補償額が低いのでは、もしも全焼した場合などに再建することができなくなりますからね。建物だけでなく、家財についての保険額も同じことが言えます。

地震が原因の火災では保険金が支払われますか?

過去に大地震が起きたとき、多くの火災が同時に起こりました。火災が起こりましたが、出火の原因は地震によるもので、そのため火災保険はおりませんでした。火災の原因が地震によるものである場合には、地震保険をつけないと保険金は支払われないのです。地震保険は単独で入るのではなく、火災保険に付随する形が圧倒的に多いのが実情です。地震保険が付随することで、保険料金は高額になります。だから、火災保険のコストパフォーマンスを考えていく時には、地震保険をどうするかを決めておくことが重要な要素になってきます。

いろいろな火災保険があるんですね!

コストパフォーマンスの問題が重要視されている火災保険では、各社・共済などでも新しい形の火災保険が売り出されています。例えば、地震やその他の天災が原因となった火災が起こった場合に、保険金の支払いをするというものです。いろいろな原因に対応して支払いが可能というのは魅力的ですが、問題は補償額と保険料の問題です。保険料を抑えると、補償額が低くなるというのは当然ですが、それでも各社・共済などによって違いがあるので、資料を取り寄せて比較検討してみるのがよいでしょう。

火災は自分で起こさなくとも不幸にも巻き込まれる可能性があります。もしもの被害に備えて火災保険に入っておくことは重要です。