社会保険労務士の仕事内容と役割ってなんだろう

社会保険労務士の仕事内容と役割ってなんだろう

社会保険労務士ってどんな資格

社会保険労務士になるには、国家試験に合格する必要があります。その難易度は試験内容は基本的な問題が多く、範囲がとても広いのが特徴です。合格率が低く2015年度には2.6%という合格率で世間的にも驚くような難易度になった資格です。社会保険労務士は国で認められた士業のひとつで法律系の部類に入りますが、法律というと弁護士が有名なので、社会保険労務士の認知度は決して高くはありません。しかしながら業務独占資格のひとつになるので、社会保険労務士の業務内容を無資格の物が行う事は犯罪になります。

社会保険労務士の役割や仕事内容とは

社会保険労務士の主な仕事は、企業に対して行う業務が多くあります。社会保険や雇用保険のスペシャリストでもあり、会社の部署で言えば、総務や人事、経理といった部署が近いのかもしれませんが、労務や人事に対する相談や指導などを行うのが主な業務になります。もちろんその他にも多くの業務範囲はありあすが、数がとても多いのも社会保険労務士の特徴でもあります。個人からの依頼に関しては、年金に関する相談や労働に関する相談を受ける事があります。その他には、行政の仕事も行う事があります。社会保険労務士も他の士業と同じように広い業務内容だけに個々の得意な業務分野というものも存在します。

社会保険労務士の働く場所とは

社会保険労務士は、業務独占資格ですので独立して事務所を構えている人が多く、企業の依頼を受けて業務を遂行します。開業以外の社会保険労務士は就職をすることになりますが、主な就職先は、企業の人事や総務、労務などの部署に就職する人もいますし、社会保険労務士の事務所のスタッフとして働き将来の独立のための修行をするという人もいます。コンサルティングを行っている企業などに就職をする人もいます。主な就職先はこのような感じになります。

社会保険労務士の就業規則の内容は、各企業の事業内容や従業委の人数などによって、わずかな違いが見受けられます。